Pilot Online
現役教官が教えるパイロットになる方法
対話形式
対話形式だから分かりやすい
レッスン一覧
レッスンリストから進捗状況が一目瞭然
Previous
Next

空を飛ぶこと。

飛行機に乗って旅行をしたことはあるでしょうか。誰と何処へ行かれたのでしょうか。その時乗った飛行機はどんな飛行機か覚えていますでしょうか。余り気にする事が無いかも知れません。空を飛んで海を越えて辿り着く地平線の先。今では当たり前の様に飛行機は世界中を飛んでいます。しかしその裏ではとても複雑で難解な航空力学、各国の法律、航空会社の仕組み等が密接に絡み合いそれが実現しています。

その世界の一端を担うパイロットは何を学び、どの様に考え航空機を操縦しているのでしょうか。実はそれ程かけ離れた世界ではありません。本サイトPilot Onlineではそんなパイロットの知られざる世界について解説していきます。

学び続けること。

パイロットには学び続ける姿勢が大切です。航空会社の機長になるまで一般的に自家用操縦士、計器飛行証明、多発限定、事業用操縦士、定期運送用操縦士を取得しなければなりません。初めて飛行機を操縦した時から機長になる日まで10年は掛かるでしょう。機長になってからも学びは続き、そして指導する立場にもなります。更には日々新しい技術が生まれ航空機も変化していきます。パイロットとして生きるためには常に学び続ける人生になります。それが当たり前の世界です。もし貴方がパイロットを目指すのであれば日々学ぶことを習慣付けましょう。

諦めないこと。

人を乗せて飛べば人命を預かりますのでパイロットの責任は重大です。しかし実は人を乗せていなくても人命を預かっています。それは自分の命と地上の人々です。操縦する機体に不具合や緊急事態が起きた場合、冷静に原因を突き止め正しい対処を行わなければいけません。どんなに厳しい状況下でもパイロットが諦めたら終わりです。諦めない覚悟、やりきる姿勢が求められます。もし貴方がパイロットを目指すのであればパイロットになる日まで決して諦めてはいけません。