ジェット機を飛ばそう

  • ジェット機の仕組み
  • Airbus 320を飛ばそう
  • Airbus 380を飛ばそう
  • Boeing 737を飛ばそう
  • Boeing 777を飛ばそう
  • Honda Jetを飛ばそう
  • Cessna Citationを飛ばそう

ジェット機の仕組み

訓練を終えエアラインに就職すればジェット機を飛ばすことになります。ジェット機は機種ごとに差異がありタイプレーティングを取得しなければなりませんが、その基本は同じです。このコースではジェット機の基本的な仕組みとコックピット内部とフライトシステムの使い方を学びましょう。

Airbus 320を飛ばそう

エアバスはヨーロッパのエアバス社が開発する旅客機です。Airbus 320は略してA320(エーサンニーマル)と呼びます。単通路のナローボディーであり国内線に多く使われている機体です。多くのエアラインで主要な機体なので就職した場合に乗務することになる確率は比較的高いと言えるでしょう。​

Airbus 380を飛ばそう

Airbus 380は世界最大の旅客機です。エンジンが4つ付いており完全な2階建て仕様となっているのも特徴です。ジャンボジェットとも呼ばれるボーイング社のB747を抜き更に多くの座席数と大きさを誇る機体となっています。旅客機の大きさに憧れる人にとっては非常に魅力溢れる機体と言えるでしょう。

Boeing 737を飛ばそう

Boeing 737はA320と並んで主要な旅客機の1つです。アメリカのボーイング社が開発するこの機体はジェット旅客機の中では世界で一番多く売れた実績があり今現在もその数を伸ばしています。世界中のエアラインが飛ばしているためB737のタイプレーティングを持っていれば就職に有利と言えるかも知れません。

Boeing 777を飛ばそう

B777は別名トリプルセブンとも呼ばれ1994年に初就航した機体です。ボーイング社が手掛けるこのワイドボディ機は翼幅と胴体の長さで言えばジャンボジェットの747を凌ぎ更にはそのジェットエンジンの直径は737の胴体に匹敵する程です。国際線で多く使われている機体でもあり旅客機としての人気は非常に高いです。

Honda Jetを飛ばそう

Honda Jetは言わずと知れた日本の本田技研工業の航空部門であるホンダエアクラフトカンパニーが開発する小型ビジネスジェット機です。ガルフストリームやセスナなどの大手がしのぎを削るマーケットに参入しシェアを獲得した数少ない日本の航空事業の成功例と言えるでしょう。

Cessna Citationを飛ばそう

セスナサイテーションはアメリカのセスナ社が開発する小型ビジネスジェット機である。セスナ社といえばCessna 172のようなピストン機を多く作っているイメージがあるかも知れないがビジネスジェットの分野でも広く活躍している。