日本のJCABライセンスを取得しよう

  • 自家用操縦士
  • 計器飛行証明
  • 多発限定
  • 事業用操縦士
  • 教育証明

自家用操縦士

自家用操縦士はパイロットとしての第一歩であり誰もが通る道であり、趣味で飛ぶためのライセンスです。 本コースでは日本で自家用操縦士を取得するまでの流れ、パイロットに必要な基礎知識と訓練における重要なポイントについて深堀りし解説を行います。

計器飛行証明

計器飛行証明は計器だけを頼りに飛ぶために必要です。計器飛行証明があれば計器だけで雲や霧の中を飛び目的地まで行くことが出来ます。航空会社が運航する飛行機は99%が計器飛行ですのでプロパイロットを目指すのであれば必須となります。

多発限定

Multi-Engine Rating(多発限定)はエンジンを2つ以上搭載する多発機を飛ばすためのレーティングです。多発機は単発機に比べると性能が大幅に上がります。単発機とは飛行特性も異なるので注意が必要です。単発機との違いや多発機の性能等について詳しく解説します。

事業用操縦士

Commercial Pilot License(事業用操縦士)はプロパイロットとしての第一歩です。PPLが趣味の範囲に留まるのに対し報酬を受け取ったり給料を貰いながら飛行機を飛ばすことが出来るようになります。飛行経験と高い技量および知識が求められます。本コースでは試験対策も含め技量確認を行います。

教育証明

教育証明を取得すれば今度は教える立場になります。生徒を横に乗せ飛行機を飛ばすということです。飛行機を安全に飛ばせるのは当たり前で、上手な教え方や教える時の注意点などが大切になってきます。教育証明の試験は難関ですのでしっかりと対策をして臨みましょう。